歯周形成外科を学ぶ

歯の治療を行い、長期的に良い結果を得るためには、歯の周り環境を整えることが重要となります。
例えば、歯茎の厚みは薄いよりも厚い方がいいですし、歯の周りに硬い歯茎がないよりは
あった方がより良い環境だと言えます。
インプラントにしても同じことが言えます。
今回、大阪で歯周形成外科の勉強会に参加してきました。
とてもとても勉強になりました。
医院のスタッフと共有して、長期にわたって歯が残るようがんばっていこうと思います。
d0150056_09380801.jpg
今年は台風が多く、大変です。
あっという間に秋が来ました173.png
秋の夜長にゆっくりするのもいいですね177.png
U-16日本代表は、W杯出場を決めましたね!
どんどん若い選手が出て来てワクワクしますね。

[PR]
by hagadental | 2018-09-20 09:29